最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

ミルクと日本人 近代社会の「元気の源」 (中公新書)

発行元 武田尚子 .

    Download ミルクと日本人 近代社会の「元気の源」 (中公新書) 本 Epub や Pdf 無料, ミルクと日本人 近代社会の「元気の源」 (中公新書), オンラインで書籍をダウンロードする ミルクと日本人 近代社会の「元気の源」 (中公新書) 無料で, 本の無料読書 ミルクと日本人 近代社会の「元気の源」 (中公新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 ミルクと日本人 近代社会の「元気の源」 (中公新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  武田尚子
    • レーベル:  中公新書
    • シリーズ名:  ミルクと日本人 近代社会の「元気の源」
    • 発売日:  2018年05月11日
    • 出版社:  中央公論新社
    • 商品番号:  4915197080001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「こんな強烈な匂いと味なのに、お茶に入れて飲むなんて!」牛乳を飲む英国人を見た日本人の言葉である。だが明治二年、築地で牛乳が売り出され、日本人はその味に慣れていった。芥川龍之介の実家も牧場を経営し、渋沢栄一はそこから牛乳を取っていた。大正期には牛乳を加工したキャラメルが大流行した。関東大震災で緊急配布が行われ、敗戦後に児童の栄養を案ずる人々により学校給食への導入が進む。飲み物が語る近代史。

あなたも好きかもしれません

ミルクと日本人 近代社会の「元気の源」 (中公新書) by 武田尚子 ダウンロード PDF EPUB F2