最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

アパシー 学校であった怖い話1995 vol.1

発行元 飯島多紀哉 .

    Download アパシー 学校であった怖い話1995 vol.1 本 Epub や Pdf 無料, アパシー 学校であった怖い話1995 vol.1, オンラインで書籍をダウンロードする アパシー 学校であった怖い話1995 vol.1 無料で, 本の無料読書 アパシー 学校であった怖い話1995 vol.1オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 アパシー 学校であった怖い話1995 vol.1 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  飯島 多紀哉, イラスト 芳ゐ
    • 発売日:  2017年04月20日
    • 出版社:  七転び八転がり
    • 商品番号:  1230001648218
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「なあ、今度は学校の七不思議の特集をやろうぜ」

    部長の一言で決まった、校内新聞の特集記事。その担当を担ったのは、まだ高校一年生の新入部員、坂上修一だった。

    約束の日、部室にはとっておきの怖い話をしてくれる七人が集められた。坂上は、そんな彼らの話を聞いて、記事にしなければならない。

    怖い話が苦手な彼は、気が乗らないながらも重い足取りで部室へと赴く。

    ドアを開けると、集められた語り部たちが待っていた。

    一人、二人、三人…六人しかいない。確か、七人集まるという話だったが。

    自己紹介を済ませ、最後の一人を待つことにする。しかし、待てど暮らせど七人目は来ない。

    最後の一人不在のまま、七不思議の集会が幕を開けた。

    スーパーファミコンで人気を博し、その後も数多くのファンの支持を得て二十年以上を経た今もなお『アパシー 学校であった怖い話』シリーズや、小学生版『学校であった怖い話』(小学館刊)として新作が発表され続けている『学校であった怖い話』。これは、約二十年前にアスキー出版から発売された、原作者自らの手による小説版『学校であった怖い話』です。

    今なお色あせることのないストーリー、語り部たちの語りによって紡がれていく一種独特なオムニバスホラー。ゲームでは様々な観点から表現不可能と言われお蔵入りとなってしまった、本来作者が本当に描きたかった物語がこの小説には詰められています。

    vol.1には、最初の語り部である新堂誠の語る『高木ババア』を収録。

    これぞ、『学校であった怖い話』シリーズの原点です。

あなたも好きかもしれません

アパシー 学校であった怖い話1995 vol.1 by 飯島多紀哉 ダウンロード PDF EPUB F2