最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

言ってはいけない―残酷すぎる真実―(新潮新書)

発行元 安藤 寿康 .

    Download 言ってはいけない―残酷すぎる真実―(新潮新書) 本 Epub や Pdf 無料, 言ってはいけない―残酷すぎる真実―(新潮新書), オンラインで書籍をダウンロードする 言ってはいけない―残酷すぎる真実―(新潮新書) 無料で, 本の無料読書 言ってはいけない―残酷すぎる真実―(新潮新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 言ってはいけない―残酷すぎる真実―(新潮新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  橘玲
    • レーベル:  新潮新書
    • 発売日:  2016年04月22日
    • 出版社:  新潮社
    • 商品番号:  4340008028441
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    この社会にはきれいごとがあふれている。人間は平等で、努力は報われ、見た目は大した問題ではないーーだが、それらは絵空事だ。往々にして、努力は遺伝に勝てない。知能や学歴、年収、犯罪癖も例外でなく、美人とブスの「美貌格差」は約三六〇〇万円だ。子育てや教育はほぼ徒労に終わる。進化論、遺伝学、脳科学の最新知見から、人気作家が明かす「残酷すぎる真実」。読者諸氏、口に出せない、この不愉快な現実を直視せよ。

あなたも好きかもしれません

言ってはいけないー残酷すぎる真実ー(新潮新書) (新潮新書) by 安藤 寿康 ダウンロード PDF EPUB F2

私は自分は自分でいいと思っているので、べつにショックでもうれしくもない。ただ、本当の公平ってむずかしいとは……。
確かに新聞やテレビなどのメディアで発行・放送は難しいのだろうが、科学的調査に基づいた「真実」が書かれていると思う。この本を読んで、ヒトも完全に動物の一種で、もともと能力や容姿を含め人生は平等で無いのにもかかわらず、人間社会を円滑営むために自由・平等・友愛を法律、政治(=暴力)で縛って、世界を成り立たせている壮大な実験だと感じた。実際には生まれるときの親のDNAでその後の人生のかなりの部分が決まっているのにもかかわらず。
当方、乳幼児がいるが、この本を読んで、専業主婦などで24時間子供に尽くしたとしても、リターンは対してなく(DNAでどんな子供になるか決まっている)、子供がどんな友人を持つかの方が重要でそれによって、将来が決まっているのだと知った。であれば、ダブルインカムで育児はできるだけアウトソーシングをして、稼いだお金を子供の学校を含めたネットワーキング活動に使うというのが、経済合理的なのだろう。
この本を読んで、資本主義社会でこのような最先端のDNA研究を知っている、高学歴、高感度の人間がますます富み、このような本を読まず、自分への投資ができない人々は下流社会に落ち込む二極化がますます進むのだろうと思った。それはまさに、動物世界の弱肉強食の世界にまた、人間も戻ろうとしているよう思える。
以前に 図書館で借りて読み 手元に置きたくて
購入しようと思っていた本です。
電子書籍であるのを見つけ 購入しました。
内容的には 厳しい事ばかりですが
興味深く読んでいます。